2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

当部署での看護提供方式は「固定チームナーシング」ですが、半年くらい前から「パートナーシップナーシングシステム(PNS)」に変更しろという看護部から業務命令が!

PNSは確か福井大学が提唱し始めて、全国の病院に広まりつつあったと思いますが...

何故、看護提供システムの変更をするのか説明もないまま導入に至ったわけです(???)

半年前に一度やってみたわけですが...

???

?????

???????

多分、無理...

当部署には合っていないかも...

というより、看護師数が不足しているので、ちゃんとしたPNSになるわけがない!

というのも、日勤帯で各チームの看護師はたった3名しかいないのに...

どうやってPNSをやれというのか?

結局は、1週間ほどで「固定チームナーシング」に戻したのですが...

戻したのに、またPNSをやりなさいという業務命令!

半年前の出来事を忘れたのか?

当部署で何がメリットでPNSを導入するのか?

そもそも看護師数が不足している状況で?

もっと、メリット・デメリットを考えて欲しい!

もっと現場の意見を聞いて欲しい!

今のままでは何故いけないのか?

どっちにしても、きちんとした説明を!と思います




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


同僚や患者さんを呼ぶときにニックネームを使用する看護師が数名いるのですが、自分の中ではとても違和感です

ニックネームを使用することに、良い悪いは一概には言えませんが...

職場で、ナースステーションで、廊下で、病室で、ニックネームが聞こえてきます

患者さんの家族が面会に来られていても...

そんなニックネームを聞くたびに、ちょっと不愉快なんです




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村


 7月からピアノの練習を始めましたが、なかなか練習時間がないのです

 夜勤明けは疲れて帰宅し、何もやる気がおこらない...

 休日は、子供達の面倒をみなくてはならなくて...

 結局は、自分の時間があまりないんですよねぇ

 いくらピアノが置いてある部屋を防音室にしていても、夜間に弾くわけにはいきませんので...

 ピアノも独学なので、楽譜を見てすぐに弾けるわけがないのです

 楽譜は読めても、弾きながら音と鍵盤を記憶して進めるので、楽譜を見ながら同時進行で弾くということに慣れていないですねぇ

 だから、普通にピアノを弾く人に比べて、何倍もの時間を費やすのです

 10月から練習を再開させたわけですが、先週弾けていたところが今日は怪しくなっておりまして...

 先週の復讐から始めた感じです

 練習するのに集中して3時間程度弾きますが...10小節くらいしか暗譜できず...弾けず...

 この「River Flows In You」を完璧に弾けるまでにどのくらいの時間を費やすだろう?

 音色に癒される曲なので、絶対に仕上げてやるぞ!


 楽譜
↑冒頭の10小節しか弾けない状態...1週間前には弾けたのに、もう忘れてしまっている!といったことが多くて...加齢のせいだろうか?





看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




まぁ、いろんな患者さんが入院されてるので、患者さんごとにその人に適した対応を心がけるようにはしていますが……

対応する担当患者さんが増えると、大変になることも…

特に夜勤ともなれば、ひとりで看る患者さんも多くなり、自分自身の容量を越えてしまうこともしばしば……

そのため、自分のゆとりもなくなってくるんですよねぇ

対応に心がけているつもりでも、相手の反応がいまいちだったり…

なかなか難しいものです

そもそも、夜勤の一人で看る患者数が多すぎるって!

精神的にも肉体的にも限界!




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



日中と夜間の気温の差が激しいと、体調を崩しやすくなるものです

40歳を過ぎると、夜勤をやるのも体力勝負だし、この気温の差ですぐに体調不良...

最近の疲れが溜まっていたいたせいか、気温の差にも身体がついていかなくて...

何年かぶりに風邪をひいてしまいました

むっちゃ鼻声だし、関節は痛いし...

多分、熱は出ていると思うけどあえて測定はせず...

こんな状況で連勤の夜勤でした

身体が本当に辛かった!

感冒薬(市販)のせいで、夜勤中は眠くなるし...

まぁ、気力で乗り越えましたが...

看護師数も少なく夜勤できる看護師も限られているので、仕方ありません

でも、本音は...体調不良のときくらいは...ゆっくり休みたいものです



風邪薬
↑数多くある総合感冒薬のなかでもこれはけっこう効果があるみたいですねぇ。自分には合っているみたいで、日々症状が緩和されています!






看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村







 またまた、変なことが起こっています

 清潔ケアのことなんですが...

 以前、ブログでも記載した患者さん

 最近は、酸素を3Lに増量しなければ、酸素化が悪い状態が持続していまして...

 まぁ、そんな状態なので、もちろん身体がだるいわけです...

 こんな状況でも入浴させたがる看護師A!

 患者さんが「今日はだるい」と訴えているのにもかかわらず、それでも入浴を促すわけです

 おまけに医師に入浴の許可をとってまで...

 医師が入浴を許可したら、入浴させていいのか?

 と、看護師Aに言いたい!

 例え医師が入浴許可したとしても、看護師ならもっと今の患者さんのことを第一に考えるはず!

 酸素を増量しているうえに、身体的苦痛も訴えているのです

 そんな状況で入浴しても...

 危険を伴う上に、気分爽快感なんて得られるはずもないのでは?

 車椅子に移乗するだけで、呼吸もあらくなるのに...(そんな状況で入浴の許可を出した医師もどうかと思うのですが)

 例え入浴したとしても、少なからずも患者さんのためにはならないのでは?と思うのです

 言い方はきついけど、むしろ、看護師の自己満足にすぎない...

 もう少し、今、目の前にいる患者さんのことを判断しようよ!と思います




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



 仕事に行けば、いろいろあって...

 最近、モチベーションが下がりまくり...

 このままでは、いけない!と思っていても...

 何だか気分がのらなくて...

 まぁ、こんなときは無理しなくても...

 時の流れのまま...でもいいのかなぁ...

 はぁ...




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




 どこの施設で働こうと対象者がいる限り、看護師の判断力はある程度必要だと思います

 特に、命に直結する病院ならなおさらです

 

 今日は担当患者さんの入浴日になっていたのですが...

 心不全傾向で酸素を投与している状態...

 おまけに、臥位と座位を繰り返すだけで呼吸も乱れる状況です

 必然的にこんな状況では入浴したら危険だと判断したわけですが...

 同チームの同僚の一言が...

 「今日のお風呂入るって言われました?えっ、今日入らないんですか?先週は入れましたけど!」

 と、やや不満そうに...

 .....

 .....

 .....

 ちょっとまてよ...

 先週は入った?

 状態は先週も今週も変わりないのに?

 このような状況で?

 入浴させたんだ?



 正直、呆れました...



 清潔ケアのために入浴させたい気持ちは理解できるが...

 このような状況で無理に入浴しなくても...

 清拭で良いのでは?

 心負荷のことも考えないと...

 何かあってからでは...

 看護師の判断...

 重要です...




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



 この部署に異動してきて、後2ヵ月で1年経過します

 仕事もそれなりに忙しいのですが、急性期ほどではないですね

 どちらかというと、日常生活援助の方に時間を要します

 また、医療療養なので医療行為もけっこうあるんですよね

 入退院もけっこうあって、結局は事務処理におわれる始末だったり...

 まぁ、療養なので積極的な治療をしない患者さんが多い中、やっぱり心筋梗塞・脳梗塞・脳出血・消化管出血などを発症する患者さんが多いのも現状です

 けれど、高齢や透析の患者さんが多いので自覚症状に乏しいのです

 そんなときに、看護師の気付きや観察が重要になってくるのですが...

 当部署は経験年数の浅い看護師が多いので、正直...知識の乏しさ・判断力の乏しさなどがあって...

 そこを指導されていればよいのですが...指導する看護師もあまりいなくて...

 まぁ、遠慮や部署の風潮もあって今まで黙ってみていましたが、やっぱりそれではいけない!

 きちんと後輩看護師を育成しなければ!

 患者さんの生命に関わってくることなので!

 ということで、上司に相談して勉強会を企画することにしました

 勉強会の内容は後日決定していきますが、ただの1回で終わらせるわけではなくて、シリーズ化し1年かけて勉強会を継続させようと計画しているところです

 本来ならば、きちんとした役割を担っている看護師がやるべきでしょうが、そんなことを言っている場合ではないほどの危機感があるのも現状なので...

 勉強会を計画するにあたって、もちろん反発する看護師もいるでしょう

 ただ、今回の勉強会の計画は「本当に勉強したい」と思う看護師を募りやっていこうかなぁと思うので...

 勉強会が進行するにつれて、少しずつ周りをまきこんでいければなぁと思っています

 もう、見て見ぬふりは...出来ません

 部署のレベルアップのためなら、時間も惜しまない!

 前を向くだけです




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



褥瘡学会に入会して、数ヵ月

まだ、これといって活動はしていません

しかし、学会誌が郵送されてくるので、気になる演題は目を通すようにしています

きちんと褥瘡治療や援助に関与している施設がうらやましいなぁと思って……

当部署は、あまり褥瘡に関して意識が乏しいので……残念な感じです

でも、少しずつ変えていきたいという思いはあるので……

自分のできることを頑張ってやっていこう!


看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村





pa pa

Author:pa pa
2人の子供を持つパパです。看護師やってます! このブログを読んで、看護師という職業に何かを感じとっていただければと思います。
リンクフリーです!