2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

何だか、日々考えさせられることばかりです

今まで普通だったことが、勤務する病棟では普通ではないことが多いんですよねぇ

ある疾患で、End Stageにある方が入院されてます

病状は落ち着いていたのですが、数日前より急激に悪化してきました

血液検査や画像でも、悪化してるのは明らかなんです

けれども、看護師の観察がいまいちなんですよねぇ

観察ができていない背景には、血液検査の結果や画像所見がみれていないのも理由の一つなんです

すべて、医師任せの状況……

もちろん、治療などを行うのは医師なんですが……

患者さんの今の状況をアセスメントしていかなければ、看護介入につなぐことができないと思うのですが……

それさえも求められない状況なんです……

毎日、ため息ばかり……

改善したいことは山ほどあるのですが……

一人の力だけでは……無理なんだよなぁ……

もう少し、様子を見よう……



 
看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村






 職業柄、変則勤務は仕方がないけれど、

 連続した夜勤が続くと大変なのです

 2交代なので夕方~翌朝までの勤務ですが、長時間労働で朝方には気力で業務しているって感じですね

 療養型なので、患者さんの移乗やトイレ誘導などの援助が24時間続く中、体力勝負っていう感じもあります

 そんな援助の中で、点滴や注射や経管栄養などの医療行為もあるので、集中力も重要なのですが、かなり過酷な労働でもあります

 違った視点では、急性期病院よりも過酷な部分もあるのです

 スタッフ数も少ないうえに、医療療養なので医療行為もあり...

 本当に、夜勤はクタクタで朝をむかえます

 勤務表も、もう少し考慮してくれればいいのですが...スタッフ数も少ないので仕方がない...

 けれど、体力的には限界ですねぇ

 まぁ、ミスだけは起こさずに...です


 
看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



 先日、夜勤明けで自宅に戻ると玄関で「ガサガサッ!」とすごい音が!

 まさか?

 と思い、飼育ケースを開けると...

 4匹のカブトが成虫になっていました!

 しかし...

 4匹とも雄!

 おまけに...

 4匹とも転がって起きれない!

 放っておくとストレスで死んでしまうこともあるので、慌てて成虫用の飼育環境を新しい飼育ケースに作り、成虫を移してあげました!(夜勤で疲れているのだが...仕方ない)

 まだ、幼虫用の飼育ケースには10匹以上の幼虫がいるので、これから先...次々に成虫になっていくのだろうなぁ

 飼育用のケースが不足しているので、また買いそろえたのは言うまでもありません...

 カブトの飼育はけっこう手慣れましたが、クワガタは幼虫から成虫になっていないので分らないことばかりです

 今年は、クワガタも成虫になるといいなぁ

 子供達も興味をもってくれるといいのに...

 成虫になったことすら気付かない我が息子たちでした...


カブト1
↑夜勤明けで慌てて作った飼育環境

カブト2
↑4匹の雄なので、とりあえず2匹ずつ別々の飼育ケースに!今年は元気がよさそうなカブトです!




子育てパパ ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村




 先日妻が、自宅の庭から持ってきました

 「アゲハの幼虫を!」

 毎年、幼虫を飼うようになり妻も手慣れたものです

 子供たちはというと...

 はじめは関心があるようですが、翌日には無関心...

 どうも世話をする気にはなっていないようです

 幼虫は、柑橘系の葉を食べるようで、自宅の庭の金柑の葉がみるみるうちになくなっていきましたねぇ

 すごい食欲みたいです

 数日したら蛹になっており、後はアゲハ蝶になるのを待つだけですが...あと2匹小さい幼虫がいました...

 まぁ、妻が飼育しているのでいいんですが...パパは「カブト」と「クワガタ」専門なので...


アゲハ幼虫
↑幼虫の過程でも最終段階のようです。この時期の幼虫の食欲は半端ない!


アゲハ蛹
↑ガツガツ葉っぱを食していたかと思ったら、数日後には蛹になっていました。色が黒っぽくなってきたらアゲハの誕生!



子育てパパ ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村















子育てパパ ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村



今から夜勤が始まるわけですが、気が重い!

担当する患者さんを援助するわけですが、夜間は何が起こるか……分からないので……

マイペースで仕事ができるのはいいのですが、やっぱり責任がの幅が大きいので辛いかなぁ

あとは、体力的にきついので……

明日の朝は、ぐったりなんだろうなぁ



看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




 

 

 自分の担当する患者さんで気管切開をされている方がみえます

 ちょうど1年前は普通に歩行されていたんですが、急性期病院である手術をされた後、肺合併症をおこし人工呼吸器からの離脱困難となりました

 その結果、気管切開と経管栄養を余儀なくされたのです

 当院に戻ってきたときは、寝たきりの状況...

 少しずつリハビリを進め、今では車椅子に移乗できるまでに!

 スピーチカニューレを使用して会話もできるようになりました!

 患者さん本人は、自分がここまでの姿になるとは思っていなかったというのが本音です

 「こうなることが分かっていれば、手術をしなければよかった」という言葉と表情を今でも忘れません...

 出来る限り、患者さんの要望に応え、プライマリーとして援助してきたつもりです

 患者さんが弱音をはくこともありましたが、何とか支えになりながら...ときには厳しく接したこともありましたね

 今は、経管栄養(経鼻)から離脱するために、摂食嚥下訓練を開始しています

 もともと、嚥下機能はそれほど低下していなかったので嚥下も上手いので、段階的な食事形態のupも可能なのかなぁと思われます

 そう遠くないゴールとしては、経鼻チューブと気管カニューレを抜去できること!

 そのために、PTやSTと協力しながら援助にあたる毎日です

 患者さん自身も、食事したい!カニューレをとりたい!という思いが強く、モチベーションの維持ができているので、自分たちのやりがいもありますね

 毎日、患者さんから学んでいる、気付かされているって感じです

 まぁ、もう一つ欲を言えば...チーム内の看護師も看護介入してほしいなぁ...なんて...(看護師によっては介入しない人もいるので...⇒自分のはたらきかけ次第なんですが...難しい...)

 でも、患者さんの意欲もあるので、とことん看護介入させてもらおうかな!



看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村




 

 

 褥瘡学会に入会して、学会誌が郵送されるようになりました

 まだ、学会誌を熟読はしていませんが、「ついていけるかなぁ」と...

 けれど、数年後の認定に向けてデータは収集していかなければと思い、少しだけ作業にとりかかろうとしている段階です

 どのようなデータが必要なのかきちんと考えて...

 少しずつ慌てずに前進あるのみです!



看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



 同じチーム内の看護師に3年目の方(年配)がみえるのですが、少しばかり成長が遅いみたいなんですよね

 まぁ、年配なので記憶力などの問題もあり、仕方ない部分もあるのですが、もう少し努力も必要なのでは?と思うときがあるのです

 普段の業務は何とかこなせているようにみえましたが、実際は違っていたことが分かり...

 「どうにかした方が良いのでは?」と思ってしまったほどです

 周囲のスタッフの「〇〇さんだから仕方がない」という言葉をよく聞きますが、仕方がないではすまされないのでは?

 きちんとした段階的な教育をしながら、本人も努力をした結果、それでも次の段階に進めなかったら理解できるのですが...

 教育する側も、教育を受ける側も双方に問題があるように思うのです

 行き当たりばったりの教え方というのが前提でして...

 段階的な教育ではなく、定期的な評価も話し合いもされていないうえに、3年目で何ができていて何ができていないのか自信がないのか分からない状況...

 教育を受ける側は、分からないことを分からないままにしてしまう...自己学習はしない...経験の少ない看護技術から逃げてしまう...

 まぁ、本人の努力は必要ですが、その看護師の教育をきちんと見直さなければ育たないと思うのですが...

 今日も、末梢ルートをとるときに、清潔・不潔を理解していないことが判明して...

 たまたま、一緒にベッドサイドにいたから良かったものの...

 なかなか、難しい問題ですねぇ

 でも、このままでは看護師として成長するはずがない!

 教育する側も、きちんと考えなければならないのです

 まずは、対象の3年目の看護師ときちんと向き合う必要があるのでは?と思います

 駄目もとで再教育の必要性を上司に相談してみようかなぁ




看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



 
 

 先日、妻が日中いなかったので、息子たちを連れて昼間に外食に行きました

 初「すき屋」!

 多分、牛丼が美味いんだろうなぁと思いつつメニューを拝見したところ、

 「3種のチーズ牛丼」が人気ということでオーダー!

 次男は「唐揚げカレー」、長男は「牛丼中盛+たまご」をそれぞれオーダー!

 さっそく、チーズ牛丼を食べてみましたが...

 牛丼にチーズは合わない!というのが率直な感想!

 くどいうえに、味が何とも言えない...

 なぜ牛丼にチーズを入れてしまったのか?なぜ人気なのかパパには理解不能でした

 これなら、普通の牛丼を頼めば良かったなぁと後悔...

 子供たちは普通にカレーと牛丼を美味そうに食って満足そうでしたねぇ

 多分、「すき屋」にはもう行かないであろうと思った日でした

チーズ牛丼
↑パパには合わなかった「チーズ牛丼」  けど、けっこうな客が注文していたけどなぁ...



子育てパパ ブログランキングへ

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ
にほんブログ村






 仕事柄、腰痛持ちなので職場のロッカーにはコルセットを常備しています

 特に夜勤帯はスタッフ数が絶対的に少なく、患者さんの移乗をする機会が多いので...

 夜勤帯のみコルセットを装着していますねぇ

 移乗するのにも、全体重をかけてくる患者さんがほとんどですので、自分にかかってくる負担も大きいのです

 昔は、コルセットなんて...と思っていた時期もありましたが、今では必需品となっています

 腰をやられたのは、一度や二度の話ではないので、日頃から注意をしながら援助している毎日です

 自分を守ってくれるコルセットですが、今の時期は暑いのが欠点!

 けっこう蒸れるし!

 大変なんです...



看護 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
にほんブログ村



pa pa

Author:pa pa
2人の子供を持つパパです。看護師やってます! このブログを読んで、看護師という職業に何かを感じとっていただければと思います。
リンクフリーです!